2014年6月12日木曜日

SMX Advanced Seattle 2014に参加してます(初日)1

今年も参加してます。正確には数えてませんが、通算で6-7回目になりますかね。



会場は変わらずシアトルのPuget Sound(ピュージェット湾)沿いにあるBell Harbor International Conference Centerで開催されました。






6月のシアトルの気候は毎年いいです。つい先週あたりまでは雨がひどかったようですが。一年中、降雨量が多いことで有名です。雨が嫌いな人は住めない町ですね。








毎年写真を撮るエントランスです。毎年よく来るよなぁ、と我ながら思います。ほとんど意地ですよねw










今年も満員御礼だったようで、人気セッションは満席が目立ちます。米国のみならず、僕のように海外からの参加者も多いですね。Advanced = 上級者向けの内容とあって、検索エンジン業界周りではベストカンファレンスの一つとされています。





まずは展示スペースから。展示社の数は例年通り。今年はGoogleはプレミアスポンサーですが、スポンサードセッションにフォーカスしているのかブースはありませんでした。








Yahoo!は健在でした。












今年でしたか、発表してたモバイルサーチとネイティブ広告の統合アドプラットフォームであるYahoo Geminiを展示してました。管理ツールであるYahoo Ad Managerは緩くBing AdCenterとは連携していますが、大方の見方としてはMicrosoftとのSearch Allianceから離脱しようとしていると見られていますね。ブースのYahoo!社員にAdCenterとの連携について聞いてみましたが、きちんと理解できてなかったので、どうも動きとしては別々に見えました。






デモ要員の方が、ネイティブ広告として出る部分と、モバイルサーチで出る部分をデモしてくれました。彼ら曰く、ですが、大口の広告主から導入が進んでいるとのことでした。

















一方のBingは目新しい発表は少ない印象でした。











Bingチョコレート(さすがオーガニックチョコレートで有名なシアトル近郊にある会社)とペンはちゃっかりいただきました。








MOZも毎年元気ですね。SEO Mozからリブランドしてからより一層勢いがある気がします。










MOZ AnalyticsでロンチしたばかりのLanding Pagesをデモしてもらいました。うちもMOZは試験的に使い始めているので帰国したら吟味してみましょう。








MOZ Barはサイレントロンチしたそうなので、知らない人も多いかもしれません。Chrome Extension(FireFoxもある)で提供されていて、開いたページの診断をしてくれます。Attribution.jpのトップページの診断をしてもらいました。結果は内緒でw




MOZ Barを入れておくとSERPにこういう感じで出てきます。便利。




















おなじみのブルース・クレイ氏もブースで直々にSEO指南をしてました。氏もそうですが、各方面の有名なプレーヤーがブースにいたりセッションパネリストを努めています。








競合分析ツールでは老舗のAdGooRoo。PLA関連の新しいツールをリリースしてました。










Kenshooも展示してました。












Marinも今年も展示してました。









本セッションに関しては別途書きます。僕はほとんどPaid Searchのセッションのみに参加しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿