2013年11月20日水曜日

SES(Search Engine Strategies)カンファレンスがClickZ Liveに変更。その変遷。

ClickZ Live

SES(Search Engine Strategies)カンファレンスシリーズがClickZ Liveに変わるそうです。
http://sesconference.com/

SES (Search Engine Strategies)は検索エンジン業界のカリスマ編集者Danny Sullivan氏(現SMX/Third Door Media Editor-in-Chief)が1999年に創設した世界的なカンファレンスシリーズでした。現在はIncisive Mediaが運営しています。他にはSearch Engine Strategies, ClickZなどのメディア事業、教育事業などを運営しています。

検索エンジンマーケティングに特化したイベントとしては世界最大級で、1年中、各地で開催されるシリーズでもあります。なかでも毎年夏に西海岸で開催されるイベントは特に規模が大きく、検索エンジン各社からの新しい発表も多いのが特徴でした(検索エンジン各社が8月のSES San Joseでの発表に合わせて新機能を実装、という流れも一時期あったほど)。

カンファレンスには世界中の検索エンジン従事者が集まり、積極的にノウハウ共有をします。ネットワーキングイベントも盛んで、SES San Joseが開催されていた頃は、カンファレンスが終わるとGoogle本社キャンパスで行われるネットワーキングイベント、通称"Google Dance"に参加するのが参加者の楽しみの一つでした。

私自身、個人的な興味も高く、2004年あたり頃から参加し始めここ7年ほどは毎年参加し、SEOやリスティング広告の最新動向について情報収集をしてきました。

サーチとディスプレイ広告の新たな関係から見える課題--「SES San Francisco 2010」レポート
http://japan.cnet.com/news/commentary/20419585/

オンラインマーケティングは新段階「ホリスティック」へ--SES San Francisco 2011レポート
http://japan.cnet.com/news/commentary/35007023/


SES San Francisco 2012レポート:検索エンジンマーケティングから見る求められる人材像 from Go Sugihara

これ以外の過去の参加レポートを見ても、転機は2007年で、この頃からソーシャル、ディスプレイ広告/DSPあたりがカンファレンスセッションの多くのコマを占有することになります。ホリスティックな世界になってきて、検索エンジンマーケティングだけでは明らかに足りなくなってきたのです。ただ、検索エンジンマーケティングに特化したブランドでやってきたSESとしては、2007年以降は全体テーマを模索するのに苦労していたのは参加した誰もが意識していたと思います。

なので、今回のClickZ Liveという、検索エンジンマーケティングだけではなくデジタルマーケティングを幅広く取り上げるカンファレンスシリーズに変更になったわけです。
"The Global Conference Series Designed by Digital Marketers, for Digital Marketers"(デジタルマーケターによる、デジタルマーケターのためのグローバルカンファレンスシリーズ)

数年後には「今年もSES行ってきました」なんて言ってもSESでさえ知らない人も出てくるんだなと思うと個人的には少し寂しいですが、業界的には至極自然な流れだと思います。もう一方の検索エンジンマーケティングに特化したカンファレンスシリーズであるSMX(Search Marketing eXpo)はどうするか注目したいと思います。

1 件のコメント:

  1. Are you trying to money right into a financial institution account, the whole quantity commonly cannot be immediately accessed; there could also be a waiting amount for the check to clean?

    返信削除